ゴミの排出量が多い国第3位は日本

Resource: Which is the world’s most wasteful city? The Guardian

徳島県上勝町の36のリサイクル細分化を代表とし、日本はリサイクルに積極的でありながら、ゴミの排出量が多い国として世界第3位と2016年のThe Guardian紙に報道された。
第1位・2位はアメリカ、メキシコ。日本はその2カ国に比べるとゴミの排出量は少ないわけだが、人口の割には多く出していることになる。環境省によると、2015年度は日本国内で一人当たり1日1kg弱のゴミを出していたそうだ。(世界平均は1.2kg)

ペットボトルに関しては、リサイクルを始めたことで消費量は激増。リサイクルが全く追いつかない状態だという。これではせっかくのリサイクル活動も本末転倒だ。

The wealthier a place is, the more is wasted and thrown.

– Alex Kovac, World Resources Institute

”豊かな国ほど、無駄遣いをして使い捨てる”といった感じだろうか。

みんながみんなこぞって貰えるものは貰っていたら資源の無駄遣い。ゴミダイエットできる人は、どんどん買わない・もらわない選択をしていけばいい。

水筒を用意して自分で飲み物を準備する。
コーヒーもテイクアウトカップではなく、タンブラーを持ち歩く。

コットンバッグを持ち歩くようにする。
街頭でティッシュをもらわない。
レシートをもらわない。
どれも、わかっちゃいるけど習慣になっている人は少ないのではないか。

少し前にレジ袋有料化に対して反発の声が上がったというニュースがあったが、他の先進国では有料が当たり前だ。イギリスではどこに行っても大概「Do you need a bag?」と聞かれ、「袋ください」と言わないともらえなくなっている。これを不親切と思うかは消費者次第。習慣というのは素晴らしい、多くの人が自分でエコバッグを用意するようになるのだから。

まずはスーパーだけでなくあらゆるお店で袋をもらわないことを実践してみるといい。ドラッグストアでも本屋でもアパレルショップでも家電量販店でも、1週間のうちに何度もリフューズする場面があるはずだ。

Recycle リサイクルの前に、Refuse リフューズすることで埋立地に送らなくていいゴミがたくさんある。リユーズ、リペアをし、それでも使えないものはリサイクル、コンポストへ。

Refuse > Reduce > Reuse > Recycle > Rot